車の個人売買と下取りについて

車の買い替えなら下取りが楽

車の買い替えなら下取りが楽 車の買い替えを検討している方は下取りを利用するケースが多くなっています。
その理由として、購入と処分が同時にできるので楽だからというのがあります。
下取りは、ディラーや中古車販売店などで新規で自動車を購入することを条件に、今まで乗っていた愛車を引き取ってもらう方法です。そのため、まとめて手続きができて手間がかかりません。
その反面では、査定額が不明慮、現金として受け取れないなどのネックはあるとされていますが、これは大きなデメリットではありません。
いくつかの販売店で下取り査定をしてもらい比較することはできますし、また、尋ねれば査定額も教えてくれるでしょう。3月や9月の決算時期なら下取り額アップのキャンペーンもやっているので、うまくいけば査定額も期待できます。
現金として受け取れないのがネックになるかは個人によりますが、購入金額から割り引かれて還元されることを考えたら、そこに損得の差はないと考えられます。

車の個人売買には注意点も

インターネットが普及してからというもの、どんなものでも個人売買できるようになりました。
以前であれば、知り合いくらいしか売買する相手はいませんでしたが、インターネットなら日本全国から買い手、売り手を探すことができます。掲示板のようなサイトを使っても良いですし、オークションという方法もあるでしょう。
車もオークションなどを使って個人で売買する人が多くいます。業者に売るよりも売り手は高く売ることができ、買い手は安く買うことができることが多いからです。
業者が入れば業者の利益、つまりマージンが発生しますので、個人売買のほうが有利です。
しかし、いくら中古であっても車は高い買物です。業者を通せば保証期間があるのが一般的ですし、きちんと整備もしてあります。個人売買では保証もメンテナンスも期待できませんので、充分な注意が必要です。
保証を求めるのは困難ですが、少なくとも名義変更はいつどのタイミングで行うのか、取り決めをしてから取引をしましょう。