車の個人売買と下取りについて

自動車リサイクル料金は廃車すると戻ってくる?

自動車リサイクル料金は廃車すると戻ってくる? 車を廃車する場合、解体業者にお金を支払って手続きを行う必要があります。このときの処理方法によって料金が戻ってくることがあります。
廃車と言っても、そのまま中古車や輸出者として再利用することがあります。この場合、自動車リサイクル料金を受け取る権利が残っているので料金が返金されます。
しかし車が解体され、買取業者にパーツを買い取られた場合はこれに該当しません。買い取られたパーツなどは再利用したり売ったりと行為自体はリサイクルですが、完全な廃車を意味するので権利もそこでなくなります。よってリサイクル料金は戻ってこず処分料として使用される仕組みとなっています。
基本的にこの料金は、廃車にする時点での所有者が負担する決まりとなっています。しかし売却して次の所有者へ自動車を渡す場合は、車両価値価格とともに支払い済みの料金も受け取ることも可能です。このように処分する方法によって異なってくるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

事故車の廃車手続きの方法

不幸にも事故で自動車が損傷してしまった場合、選択肢として廃車にするケースがあります。廃車にするには様々な手続きをする必要があります。勝手に放置していると罪に問われますので注意が必要です。また、手続きを正式に行わないと税金も払い続けることになるので、その点も注意が必要です。
廃車の手続きを行う前に所有権の確認が必要です。現金一括で購入している場合は問題ないのですが、ローンを組んでいる場合所有権がローン会社や自動車会社にあることがあります。
所有権解除の手続きを踏まないと廃車にできないのでしっかりと確認をしましょう。車を購入したディーラーに連絡をすれば手続きに必要な書類を用意してもらえます。
手続きを行う場所は陸運局、陸運支局になります。これはディーラーの人間が書類を持ち込む場合と、個人が持ち込む場合とあります。そこは所有権などの関係もあるのでケースバイケースですが、いずれにしても手続きは自動車が本拠としている住所を管轄している陸運局、陸運支局で行われます。