車の個人売買と下取りについて

廃車にする費用はいくらかかる?

廃車にする費用はいくらかかる? クルマが寿命を迎えたとき廃車にします。
これを永久抹消登録と言いますが、その際にはどのくらいの費用を支払う必要があるのでしょうか。
廃車費用相場は10000円~20000円です。
その内訳は、廃車登録手続き費用、抹消登録費用、引取り費用などです。
このうち引取り費用に関しては自分で持ち運べばかかりません。
ディーラーなどを通して手続きを行えば、このような内訳で費用が請求されることになります。
ところが廃車専門の買取業者に手続きを依頼すると、費用が発生するどころか、逆に買取してもらえることがあります。
価値がないと思うようなクルマでも、海外では必要とされていることがあります。
買取可能な業者というのは、多くの場合海外に販路を持っています。
また、部品取りや鉄などのリサイクルとしての価値もあります。
そのため手数料が発生したとしても相殺され、費用が無料になるか、あるいは3~5万円程度の買取価格がつくことが多いです。
 

自分で廃車手続きをする場合

自分で廃車手続きを行う場合、まず業者に依頼して車を解体してもらう必要があります。
廃車にする場合、車を解体する必要があり、解体したときに発行される解体証明書という書類が廃車手続きを行う際に必要になります。
そして当然ですが、解体を行うにはいくらかの費用がかかります。
もし自力で業者まで車を運転できるようであればさほど費用はかかりませんが、自力での走行ができない場合は業者に引き取りにきてもらう必要があり、若干費用が高くつく可能性があります。
そして無事解体が終われば、今度は永久抹消登録を行うために必要な書類を準備します。
例えば車検証や印鑑証明書などです。
これらは運輸支局に直接足を運ぶ前に用意しなければなりません。
そして事前に準備すべき全ての書類が準備できれば、普通車であれば運輸支局へ、軽自動車であれば軽自動車検査協会内へ行きます。
そこで手数料納付書などを準備して申請をすれば無事廃車手続きは完了します。